現下の厳しい経営環境の中で、強い思いを持った真の人材を育成すること、
つまり「人」への先行投資が必要です。
経営要素の中で、人事管理や人材育成はその会社独自の事柄です。
経営者が社員をどの様な意識でみるか。人とその集合体「組織」の重要性の認識度。
組織構築の方策(人事)とその運用や課題。
これらは、景気の動向、業界や他社の状況を検証し、戦略をたてることと違った一面なのです。
人事はメンタルでデリケートな面が強く、その実施や管理法も絶対的なものはほとんどありません。また結果や数値も見えにくく、どうしても後回しになりがちです。
しかし経営の4要素といわれる「人」「モノ」「カネ」「情報」の第1キーワードであるこの問題を将来に向かった経営戦略として位置づけ、企業としてゆるぎない成長と発展に結びつけなければなりません。

人は「育つ」ものではなく、会社が「育てる」ものです。
経営戦略に機能する強い社員を育てるには企業のしっかりしたコンセプトと姿勢が重要です。

私達は、人事・労務の有資格専門家集団だからできる、真に満足いただける人材育成のノウハウと社員教育のサービスを提供いたします。

 
 
I.社員教育・研修の特色

コンサルティング(経営戦略)に精通した実績のある講師が担当するので、 成果が必ず財務的な観点から検証できる研修や提案を基本スタンスとしています。
また実践チェックやフォローアップを行い、効果が目に見える形にします。

教材だけに頼る一般的といえる教育を排し、「オーダーメイド型」を特徴とします。
会社の現状の課題や問題点を確実に把握した上で、要望を充分加味した教育内容(カリキュラム)に基づき講義と演習を進めます。
研修スケジュールの途中で、会社側と確認と検証作業をして「ズレ」と「ムダ」を点検します。

新人教育からトップマネージメント研修、経営学講座までの一貫した教育が体系的かつ計画的にできます。人材育成の成果が戦略達成にリンクする人事管理が可能となります。
勿論、階層別や単独(スポット)研修にもお応えいたします。

 
 
II.研修コンセプト

担当講師が、社員研修の打合せ段階からお伺いします。

 

担当講師が打合せ段階からお伺いし、貴社の問題点を把握した上で、その解決にもっともふさわしい形で社員研修を実施いたします。

 

 

参加者一人ひとりの成長を支援します。

  受講者一人ひとりの育成を念頭に置いた社員研修を実施します。「個」の成長に焦点を当てたプログラムの組み立てがキーです。

やりっぱなしではなく、効果を目にみえる形にします。

  やりっぱなしの「打ち上げ花火」で終わってしまう社員研修ほどもったいないものはありません。現場での問題点、課題、提案等の実践チェックを通じて、効果が確実に上がり、定着化するよう支援いたします。
   

参加者の職場に、波及効果をもたらす研修です。

  社員研修により受講者の意識改革を図ることで、その部下や周囲の風土・業績にも、よりよい影響をもたらします。研修効果が、その職場全体に波及することも、当社社員研修の特徴です。
 
 
III.研修メニュー
 

経営学研修コース

「企業内経営塾」をコンセプトにした経営者候補の育成と指導
(オーダーメイド型企業単独タイプ)

 

・中小企業の組織の活性化と経営戦略室の設置で経営知識をすぐに実践(実務)に結びつけます。
・本講座では経営戦略およびマーケティング戦略の基本的なセオリーやフレームワークを学び、実際に様々な演習を通じて現場(実務)で活用できるスキルとしてマスターしていただくことを目指します。

 

※ ※ ※ 詳細については資料請求を ※ ※ ※

 

  同業者及び関連事業者からのお問い合わせはご遠慮下さい。

経営幹部養成講座 ―― 複数社参加タイプ「経営塾」
 

・異業種交流や視野拡大のチャンスでもあり、経営幹部、次世代経営者を対象とした講座です。
・本講座では、経営戦略やマーケティングの押さえどころを始め、ロジカルシンキング、交渉力、チームビルディングから部下の性格判別まで単なるマネージャーから一歩踏み込んで“リーダー”となるための必須ポイントを、1年間でバランスよく体系的に学べる他に類を見ない集中実践講座です。現場ですぐに使える知識・ノウハウを効率よく体得したい、そんな忙しい方のための講座です。

  ※ ※ ※ 詳細については資料請求を ※ ※ ※
   同業者及び関連事業者からのお問い合わせはご遠慮下さい。
 
 

社員階級別メニュー (例) - オーダーメイド型

 

貴社が求める「あるべき人材像」を明確にした上で、一貫した教育体系のもと、計画的に行う人材育成を支援いたします。

項 目 目 的 内 容 資料等(例) 研修日程(例)
幹部研修

・全社的視野に立った戦略的発想思考・意思決定能力の習得。
・全社・部門の将来のビジョンの明確化能力を身につける。

・組織運営
・経営戦略の策定手順
・外部環境変化の認識

「戦略思考を鍛える」
「有力企業の戦略ケース」
「ロジカル・シンキング」

年12回
(1回2時間)

幹部候補
研修

・管理者としての指導・統率能力の育成。
・組織目標達成のための能力を磨く。
・外部環境の的確な把握と業務への反映を図る。

・仕事の改善・革新のための手法
・問題解決・意思決定能力向上

「マネジメントサイクルと問題解決」
「マネジメントとは」
「マネジメントのケース」
「マネジメントサイクルと問題解決」
「マネジメントとは」
「マネジメントのケース」

年6回
(2ヶ月に1回)
1回2時間

監督職研修

・監督者の立場・役割を正しく認識させ、職務遂行への意欲づけと責任感の醸成を図る。
・業務遂行および管理監督上必要な知識・技術・態度の習得。

・管理の基礎
・部下の扱い方(コーチング)
・現状認識

「現場力とは」
「コーチング・ティーチング入門」

年6回
(2ヶ月に1回)
1回2時間

全社員に
対するモラル
研修

・企業人としての立場の理解

・組織と人間
・仕事と責任感
・職場の人間関係
・自己啓発の進め方

「CS入門」
「自律型人材を目指す」
「コミニュケーション入門」

年1回
(2時間)

   
 社員教育にかかる費用の一部を国の『助成金制度』を使って経費節減する方法もあります。
 詳細についてお問い合わせ、またはご相談、申請手続きも承っております。
   
   
Ⅳ.講師について

指導企業総数(研修およびコンサルティング):約350社
研修・教育延総数 :約1,500回以上

 

大手企業の指導も含めて長年の多大な実績のある講師が責任を持って、細やかな指導教育を担当します。
その指導方法は多くのクライアントから論理的で分かりやすく、継続的な実践に結びつくとの高い評価を受けております。